膝裏が痛い!膝裏の痛みの原因・治療法

膝うらが痛い!膝裏の痛みの原因から治療法方法までを初心者向きにわかりやすく解説しております。

◆膝裏が痛い!膝裏の痛みの原因・治療法

◆反張膝とは?

 膝の裏側が全体に痛みを感じる場合は、まず何よりも反張膝の可能性を考える必要があります。
 この反張膝とは文字通り
●膝が反り返り、張りや突っ張り
 をおこすことから発症する障害のことです。
 反張膝の症状の特徴を見分ける判断基準としては
●立位時の膝の状況を見ること
 が何よりもわかりやすい判断基準となります。
 反張膝が確認できるケースでは、膝を伸ばした状態になった際に既に膝が弓のように反り返っております。
 この反りの範囲が大きくなるほど症状は深刻な状態にあると判断出来ます。

◆反張膝の原因

 反張膝の原因として考えるのは、まず日常生活の姿勢です。
 反張膝の症状の現れる方の大半は、歩行時につま先をあげて歩く傾向にあります。
 これは、意識して確認しないとわかりませんので、疑いがある場合はその場で一度歩行をしてみましょう。
 歩行時に前に出した足の指先に意識を集中すると、指をあげているかどうかが確認できます。
 通常、人間は歩行の際、「前脛骨筋」の働きにより、つま先を多少上方に向けながら歩行します。
 この機能が働いているからこそ、つまずかずに歩く事が可能となるのですが、反張膝の障害のある方は、この指先の反りが過剰に働いてしまっているのです。
 また、たち仕事などをしている場合、どちらかの足に寄りかかり、
●膝が反り返った姿勢を長時間キープする傾向にある方
 についても反張膝の障害の原因となるケースが多くなります。
 これらが、日常生活の範囲内が原因となるパターンです。
 もうひとつのケースとしては先天性の反張膝です。
 これは赤ちゃんにもっとも多く、お母さんのお腹の中にいた時の姿勢が原因である場合が大半です。
 しかし、乳幼児の場合は、関節がまだ固定されていない為、簡単な固定で症状は完治します。

◆変形性膝関節症とは?

 反張膝では、膝の形状に反り返りを確認できますが、反り返りではなく、O脚やX脚などの関節の変形が見られる場合は変形性膝関節症の可能性があります。
 変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)とは、膝関節の軟骨の磨耗により生じる障害です。
 膝関節を構成する大腿骨顆(だいたいこつか)=太ももの骨の最下部と、脛骨顆(けいこつか)部=脛の骨の上端部、及び膝蓋(しつがい)骨の骨や軟骨に慢性の退行性変化(老化)と増殖性変化が起こり、膝関節の形態・形状に変化が生じ痛みを発症するようになります。
 変形性膝関節の治療に関しては、現代の医学では内面からの完全な治療法は確立されておらず、基本的に現状の維持、もしくは外科的な手術によって、膝関節の形状の改善、治療をする方法となります。
 基本的には、発症後、時間の経過とともに悪化を辿る傾向にあり、徐々に「O脚」もしくは「X脚」になる傾向があります。
 また、初期段階では歩行時の痛みにとどまりますが、重度になると平常時でも痛みを発症するようになります。 

◆変形性膝関節症の症状の経過

 変形性膝関節症の基本的な症状としては、まず第一に立ち上がる時など、
●膝関節に大きな負担がかかる姿勢の状態
 になった際に膝関節全体に痛みが走る事です。
 この痛みは初期症状から中期にかけて、徐々に痛みが増していきます。
 その後、歩行時、階段昇降時にも痛みを伴うようになっていきます。
 変形性膝関節症の特徴としては、膝の裏側の外側、もしくは内側など特定部位に過度な痛みを感じる点があげられます。
 これは、関節の内側、もしくは外側の磨り減っている側に痛みが強く生じる為です。
 ですから、外側、内側と判断できる場合は、変形性膝関節症についても可能性を考える必要性がうまれてきます。

◆侮れない筋肉痛

 膝裏の痛みの原因として考えられる、もうひとつの大きな要因は「下腿三頭筋の筋肉痛」があげられます。
 膝の裏側の痛みなのに下腿の筋肉痛?
 と思われる方が大半かと思いますが、筋肉の付着部位によって痛みが生じる場所が膝裏となっております。
 下腿三頭筋とは、ふくらはぎ部分にある筋肉の事ですが、この筋肉はアキレスから、膝裏を越えて大腿部後面に付着しております。
 爪先立ちをしたり、ジャンプ動作の繰り返しなどを行うと下腿三頭筋は疲労し運動がハードになればなるほど筋肉はダメージを受け筋肉痛を発症します。
 この際、ふくらはぎだけにとどまらず、膝裏にも通じている腱にあたる部分にもダメージがあると膝裏は非常に激しく痛みます。
 筋肉痛の場合は、時間の経過とともに痛みは消えていきますので過度な心配はいりません。
 但し、痛みが他の障害と変わらず激しい痛みとなる事も多いので、他の障害との判断が難しいのが現状です。
 判断基準としては、激しい運動後のみ痛みが生じ、時間の経過とともに痛みが引いていくようであれば筋肉痛と判断してもよいでしょう。
 逆に痛みが長引く場合は、まず反張膝を疑ってみる事も大切です。